ブログ

認証済み電子定款の受領

公証人へ電子定款を提出後は、直接公証役場へ出向き、公証人認証後の電子定款を受領する必要があります。今回は、公証人認証後の電子定款を受領時の手続について解説します。

認証済み電子定款受領日時の調整

電子定款の事前確認時に、認証済み電子定款受領日時について調整をしている場合は、当該日時に公証役場へ出頭します。

もし未調整の場合は、電子定款認証の申請をした旨を公証役場へ伝え、認証済み電子定款受領日時について調整をします。

公証役場へ持参するもの

  1. 現金(定款認証代50,000円、紙の定款謄本も受領する場合は1,000円+20円×頁数)
  2. 身分証明書(運転免許証など)
  3. 出頭できない発起人がいる場合は、当人の印鑑証明書と委任状
  4. 印鑑(紙の定款謄本も申請する場合には必要)

認証済み電子定款保存用のメディア(CD-R)については、公証役場によって、持参が必要なところもあれば不要なところもあるようです。公証役場へお問い合わせください。

公証役場での作業

紙の定款謄本を受領する場合は、公証役場で「同一の情報の提供申請書」を記載し提出することになります。

紙の定款謄本は、必要になることはありませんが、記念に1通受領してもよいでしょう。今後、税務署、都税事務所等で定款写しを要求される場合もありますが、すべて電子定款を印刷したもので足ります。

認証済み電子定款はCD-Rで受領します。

公証役場では約15分程で認証済み電子定款の受領手続が終了します。

関連記事

ご相談・お問い合わせ


初回のご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

03-6709-9440
受付時間 9:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

アクセス

〒160-0017
東京都新宿区左門町13-1 四谷弁護士ビル308
東京メトロ丸ノ内線 「四谷三丁目」駅 徒歩1分
JR中央線(快速)|JR中央・総武線 「信濃町」駅 徒歩9分
都営新宿線 「曙橋」駅 徒歩10分
ページ上部へ戻る