ブログ

定款について

会社設立には、まず定款を作成することが必要です。今回は、定款の説明とその記録方法について解説していきます。

定款とは?

定款とは、会社の組織活動を行う上での基本的な規則のことであり、形式的には基本規則を記載した書面又は電磁的記録媒体に記録された情報を意味します。

簡単に言うと会社のルールブックのようなものです。会社の商号、目的、機関設計など会社の基本規則を定めています。定款は会社設立時に発起人の全員の同意により作成され、公証人の認証を受けて効力が生じることになります。

定款の記録方法

定款を紙で作成すると4万円の印紙税が必要になりますが、電子定款(PDFファイルで作成したもの)では印紙税が不要になります。つまり定款を電子定款とすることで4万円の節約が可能となります。

次に、株式会社の定款は、紙の定款と電子定款を問わず、公証人による定款認証を受ける必要があり、認証費用として5万円が発生します。なお、合同会社の定款は認証の必要がないため、内容に不備がなければ、作成した定款をそのまま登記に使用できます。

以下、紙の定款と電子定款の費用比較です。

紙の定款 電子定款(PDF)
印紙税 4万円 0円
定款認証 5万円
(合同会社は不要)
5万円
(合同会社は不要)
印鑑証明書
(1通300円程 ※自治体により若干変動)
発起人数分
(定款認証時)
取締役数分
(登記申請時)
電子署名するので不要
定款謄本 250円×定款頁数×2通(法務局提出用と会社保存用) 1,000円+20円×定款頁数×1通(会社保存用、法務局へは電子定款を使用)

電子定款作成から公証人による電子認証までの流れ

  1. ワープロソフトによる定款作成

  2. 公証人への事前確認依頼

  3. 電子定款(PDF)への変換と電子署名

  4. 公証人への電子定款提出

  5. 認証済み電子定款の受領

 

関連記事

ご相談・お問い合わせ


初回のご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

03-6709-9440
受付時間 9:30 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら

アクセス

〒160-0017
東京都新宿区左門町13-1 四谷弁護士ビル308
東京メトロ丸ノ内線 「四谷三丁目」駅 徒歩1分
JR中央線(快速)|JR中央・総武線 「信濃町」駅 徒歩9分
都営新宿線 「曙橋」駅 徒歩10分
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
ページ上部へ戻る